- Pantheon - 「パンテオンを見ずしてローマを去る者は愚かなり」と言われるほど、誰もが魅了される美しい神殿。

万物の神々へと捧げられた、世界最大の石造り建造の神殿

パンテオンは「全ての神々の上に」という意味を持つ、古代ローマ帝国時代の石造りの神殿。初代ローマ皇帝アウグストゥス帝の右腕であった、アグリッパ将軍が「万物の神々の神殿」として建設。パンテオンの正面上部には、ラテン語で「アグリッパが第3回執政官のとき建造」と刻まれている。

後に火災によって焼失するが、118年にローマ五大賢帝のひとりハドリアヌス帝によって再建される。天井に開いた9メートルの穴は、差し込む光を利用した日時計として設計されている。現存するローマ時代の建築物の中で最も保存状態が良く、内部にはラフェエロの墓所がある。システィーナ礼拝堂の「最後の審判」で知られるミケランジェロもまた、この美しいパンテオンを「天使の設計」と賞賛した。

正面にあるロトンダ広場は、ライトアップされた美しいパンテオンを望む、ローマのナイトスポットのひとつ。ナヴォーナ広場からもすぐのこのエリアは、遅くまでローマの夜を楽しむ人々で賑わっている。

関連記事

  1. 「コイン投げ」で知られる、ローマ最大のバロック様式の人口泉

  2. 季節ごとに様々なイベントが開催される広場、ローマの休日の撮影スポット

  3. 歴代ローマ教皇のコレクションが集められた、世界最大級の美術館

  4. 1世紀に競技場として作られ、現在は市民の憩いの場

  5. 映画「ローマの休日」で一躍有名になったモニュメント

  6. 北からの巡礼者たちのローマの玄関口「ポポロ門」が構える広場

  7. カンピドーリオの丘から眺めるパノラマ

  8. 堂々たる白亜のモニュメントが迎える、ローマ散策の中心となる広場

  9. カトリックの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」を有する、最小の独立国家