工房ブランド Carlo Cecchini

運命を信じる職人の掟破りなデザイン。

 

「僕らはきっと、ローマでも若手の職人工房だろうね。」すべて Made in Italy の素材にこだわり、縫製以外はすべて手作業で行うイタリアの伝統的なハンドメイドの技法にて毎シーズン生まれる ≪Carlo Cecchini≫ のオリジナル・コレクションたち。時に「掟破り」とも言われる、まったく新しいデザインたちを世に送り出すのは、デザイナー兼「職人」でもあるカルロ・チェッキー二氏。

―「いつもどんな時も、決して遅すぎるなんてことはない。何かとの出会いは運命みたいに起こるものだからね。」―

カルロの笑顔

−革を愛し、革に魅せられて。

カルロ・チェッキー二氏の最初のコレクションがローマで産声を上げたのは1985年のこと。 「レディース商品のブランドを作ろう」と強く想いを決めたカルロ氏は、ひたすら想い描く自らの夢へと情熱を注ぎ込ました。

その湧き上がる情熱がカタチとなった時、自身の名を冠したハンドメイドブランド「カルロ・チェッキー二」が産声を上げました。

心の底から革という素材に魅せられているカルロ氏が、工房でデザイナーとして行う最初の仕事は白い紙に想いを込めてデザイン画を描くこと。 カルロ氏が描くオリジナルデザインたちは、工房内に溢れる愛してやまない革の香りからインスピレーションを得て生まれていきます 心に浮かんだアイデアたちの中から「たった一度だけ」描くというデザイン画は、これまでの伝統的な職人工房の慣習を打ち破るような他にはないオリジナルにこだわった商品へと繋がっていきます。

布を裁断する様子

−幼い頃、一本の鉛筆に憧れた想い。

ローマの老舗宝石工房の跡取りとしてローマに誕生した、カルロ・チェッキーニ氏。 画家の母親と宝石や宝飾品の専門家である姉という、洗練されたセンスを持つ家族の元で育った彼は、母や姉が鉛筆で様々なものを白い紙に魔法のように描き出す様子を、子供の頃から誰よりも近くで見て育ちました。

彼女たちの手の中で鮮やかに芸術に命を吹き込んでゆく「一本の鉛筆」の素晴らしさ、それを描き出す彼女たちの姿へ憧れた幼少から今に続く想いが、自分のデザインにおける全ての原点だとカルロ氏は言います。

宝飾業を営んでいたカルロ氏の家族が、事業拡大のために新たな店舗を新規で購入したことが、彼自身の大きな運命との出会いとなりました。 その店舗こそが革職人がハンドメイドでひとつひとつ商品を制作する「職人工房」でした。 革職人と言葉を交わし、革の世界を知ったカルロ氏は「バッグは一体どうやって作るんだろう?」という心をかすめたほんの小さな好奇心から、職人さんに実際の制作風景を目の前で見せてもらいました。

それまで一度もバッグ作り、、、ましてやミシンなど踏んだこともなかったカルロ氏でしたが、見ている限りでは特に難しいと思うような行程もなく「これなら自分にも出来る」そう思った彼は、そのまま見よう見真似でバッグを作ることに成功してしまいました。自らが心に描いたデザインが、その手の中でカタチになった思いがけない瞬間でした。

カルロがミシンで縫う

−情熱を胸に自分らしくあり続ける勇気。

その後、彼は職人の元へバッグ作りの修業にいく訳でもなく、まずは縫製の仕方を覚えるために「ミシンの使い方」を習い、思うままに好き勝手なデザイン画を描き、見よう見真似に縫い合わせていくことに、次第にすっかり夢中になっていきました。

そこで生まれた「誰に教わった訳でもない」斬新なデザイン画と、そこから生まれたオリジナルバッグが彼の最初のコレクションとなりました。そして、そのデザインは今もカルロ氏が何よりも大切にし「Carlo Cecchini」を代表するデザインとなっています。そんな愛すべき革と運命の出会いを果たしたカルロは、今でもバッグ作りの王道である「当たり前」を知らないままです。

あまりに自己流の手法に同業者には驚かれることもありますが、彼はそれを気に留めることはありません。あのとき無我夢中で革と向き合ってカタチにしていった情熱を、今も大切にしているからです。自分らしくあり続けることにこだわり信念を貫く彼の工房の壁には、今も「最初のデザイン画」が大きな絵画として大切に飾られています。

カルロと仲間たち

―彼のデザインを支えるものたち。

そんな彼のコレクションの人気に火が付き、ファッションショーへの参加や、新聞・雑誌などへの掲載、世界中に顧客を持つ名高いデザイナー兼職人となったカルロですが、素顔の彼は穏やかで優しい笑顔がとても印象的です。イタリア人には珍しく、一切コーヒーは飲まずに紅茶を好む彼は、強い意思とは別の本当に飾らない気さくな人柄です。

ローマ市内に1店舗のみ構えるショップでは普段はカルロ氏のお父様とスタッフが店舗に立ち、彼自身は郊外のショールーム兼工房で大半の時間を過ごしています。

子煩悩でマイホームパパの一面を持つ彼は、工房に自分の子供たちを時々連れてくるため、工房の一角にはおもちゃが並んだスペースがあります。きちんと整理整頓されたショールーム兼工房は、従来のイタリアの無骨な「職人工房」のイメージとは大きく異なり、白い壁が明るい広々とした工房となっていて、そこで働く「Carlo Cecchini」ブランドを支える作り手の職人はカルロ氏を含めた5人。

縫製以外は機械を使わないハンドメイドでの制作に強いこだわりを持つ彼らが、1日に作り出すバッグは1日に15個程度。3時間は、手作業で革を裁断するための時間となっています。ぞれぞれの職人が担当分野を丁寧にひとつひとつ手作業で仕上げていきます。

いろいろバッグ

―いつだって、誇りと情熱を忘れずにいる心。

カルロ氏は今も「たった一本の鉛筆」から、そのインスピレーションと情熱を思い描くままカタチにしてゆきます。 家族への憧れと、革との運命の出会い、そして革を誰よりも愛する心を大切にしています。

ショップの棚に飾られた直筆のメッセージ、「MY PRIDE」。

彼の目指すものは今も変わらず、どんな時も変わらず「自分の中にある情熱へカタチを与える」こと。いつだって誰だって、どんな時も憧れを叶える力は自分自身の中にある、カルロ氏は言います。彼のその誇りと強い信念こそが「Carlo Cecchini」とうブランドの原点であり、人を惹きつける魅力なのです。

デザインすることを何よりも愛し、大切にするカルロ氏のコレクションには、彼自身が出会った運命の「たったひとつの物語」への揺るぎない誇りと想いが込めれらています。

手書きのメッセージ

工房「Carlo Cecchini」の商品ページはこちら

ハンドメイドレザーバッグブランド「Carlo Cecchini」

ショップインフォメーション

ご注文から商品がお手元に届くまでの流れ


お支払い方法

新生銀行

■ 新生銀行振込(前払い)■
お振込の際は必ずご購入者様名義でお願いいたします。振込手数料は、お客様のご負担とさせて頂いております。※ご購入者と振込名義人が異なる場合は、必ずご連絡下さい。

ジャパンネット銀行

■ ジャパンネット銀行振込(前払い)■
お振込の際は必ずご購入者様名義でお願いいたします。振込手数料は、お客様のご負担とさせて頂いております。※ご購入者と振込名義人が異なる場合は、必ずご連絡下さい。

ペイパル

■ ゆうちょ振替(前払い) ■
お振込の際は必ずご購入者様名義でお願いいたします。※ご購入者と振込名義人が異なる場合は、必ずご連絡下さい。

ペイパル

■ クレジットカード決済(PayPal)■
ご注文完了後に「PayPal決済画面」が表示されますので、お持ちのクレジッカードにてご決済下さい。※分割払いはご利用いただけません。

返品について

■ 返品期限 ■
当店で扱っている商品の性質上、お客様都合による返品は受け付けておりません。
明らかな不良品や発送ミスの場合は、商品到着後3日以内にメールにてご連絡下さい。

■ 返品送料 ■
不良品や発送ミスに関しましては、送料・手数料ともに当店が負担いたします。
但し、商品の在庫切れや工房の長期休暇などにより、商品の交換手配がスムーズに行えない場合がございます。予めご了承下さいませ。

配送方法・送料について

posteitaliane

■配送について■
サイズや重量に合わせて【国際書留郵便】【EMS】【イタリア郵便局SDA便】の中から発送方法をお選びし、イタリア郵便局より発送させて頂きます。約10〜15日程度が、お届けまでの目安期間となっています。※天候状況や通関状況により、日数に多少のズレが生じる場合がございます。

★★ ご注意下さい ★★
海外から直接発送するため、代金引換や配送日指定には対応することができません。梱包は重量を優先し、簡易包装とさせて頂いております。※輸入税(関税)が発生する場合がありますので、こちら(*関税について)から必ず詳細をご確認下さい。

■配送状況の確認■
お荷物の追跡に必要なトラッキングナンバー(伝票番号)とURLを「発送完了メール」へ記載いたしますので、そちらからオンラインにて配送状況を確認して頂けます。※通常は発送から数日でHPへ反映されますが、稀に正常に反映されないケースがございます。

■送料のご案内■

・国際書留郵便 / 最大2kgまで / 追跡可(補償なし)

・EMS / 追跡可 (有料にて補償付き)

・SDA / 追跡可( 〃 )

〖 送料無料 〗

➽➽ 小さなお荷物が2kgを超える場合
サイズの小さなお荷物の総重量が2kgを超える場合(複数商品の購入など)は、別梱包にてオーバーした分を発送させて頂くこともございます。その場合は、別途配送料金が追加になるケースもありますので、予めご了承下さいませ。サイズや重量によって、EMSやSDAなど一番割安となる方法にて発送させて頂きます。

➽➽ 配送オプション
ご希望がある場合のみ追加料金にて「保険付」発送を承っておりますので、お問い合わせ下さい。

■関税について■
別途、(こちら)をご覧下さいませ。

■領収書について■
別途、(こちら)をご覧下さいませ。


メール問合せ

お買い物ガイド

店長挨拶

owner_photo

makico

イタリアの昔ながらの小さな職人工房は今、様々な理由から受け継がれてきた素晴らしい伝統に人知れず幕を下ろそうとしています。

ショップ名「storia unica」は、イタリア語で「たったひとつの物語」という意味です。作り手である職人さんの物語と、それを受け取るたったひとりの誰かの物語が交差し、そこから新たな物語が生まれるようにとの願いを込めて名付けました。出会う方のために生まれた世界にたったひとつの商品を私たちがお届けします☆*.。

ブログ

レザークラフト体験

お客様の声ブログ

インスタグラム

Aggiungi amici LINE

営業のご案内

は定休日及び臨時休業日
土曜・日曜・イタリアの祝日はメールの返信もお休みさせて頂きます。

※時差のため、メールのご返信が日本時間の深夜になってしまう場合がございます。予めご了承下さいませ。

インターネットでのご注文は24時間受付けております。

メールアドレス

Mobile

工房景色1

工房景色2