工房紹介 Polvere di Tempo

時間を愛して「時」を紡ぐマエストロ。

カチカチと音を鳴らして時間の枷へと縛り付ける、秒針を忙しく刻む私たちが当たり前に目にしている時計たち。この場所には、そんな時計はひとつもありません。工房名にもなっているイタリア語の「Polvere di Tempo」という名称、その意味は私たちがいつだって探し求めてやまない大切な「時間のかけら」。

―「君たちは、自分自身が望む≪何か≫をいつだって探し続けなければいけない。それは、他の誰かがお金で買って手に入れてしまっている≪何か≫ではなくてね。」―

アドリアンの顔

―心が動き出す、小さな時間の魔法。

1976年、アルゼンチンの建築家アドリアン・アニバル・ロドリゲス氏は旅行者のひとりとしてローマを訪れていました。 市内を横切るように流れるテヴェレ川を望む、トラステヴェレ地区へ一歩足を踏み入れた時、この歴史に彩られたような美しく賑やかな街並みに、一瞬にしてアドリアン氏の心は魔法のように魅了されてしまったと言います。

ローマの昔ながらの懐かしい情景を今も残しているのが、このトラステヴェレ地区。夜遅くまで人々の活気と賑わいで溢れ、観光客だけではなく地元ローマの人々にも古くから愛されて続けています。 今ではトラステヴェレの最後の職人工房と言われるアンティーク時計工房「Polevere di Tempo」をこの場所に築いてから約30年以上の時が流れ、アドリアン職人はこの場所から今もローマの街を眺めています。

エレガントで物静かな初老の紳士という雰囲気を持つアドリアン職人。しかし、彼の口から紡がれる言葉たちは偉大な哲学者か詩人の台詞のようでもあり、素晴らしい才能を秘めている魅力的な人物として訪れる人々の心に映るのです。

様々な言語を得意とし、知性溢れる話題で人々を楽しませることのできるアドリアン職人のトークに、工房を訪れるお客さんたちはいつも興味深く聞き入っています。ウィットに富んだジョークが得意な茶目っ気たっぷりの彼は、いつでも世界中から訪れるゲストたちの人気者です。

店内1 ノート

―自分にとって「本当に価値ある何か」を見つけること。

―――― お金を得るために≪費やす時間≫ではなくて、我々は自分のためにある≪本当の時間≫を探す努力をしなければいけないね。――――

たくさんの時間を持っている人こそ本当に豊かな人たちであり、お金では豊かさを量ることは出来ないとアドリアン職人は言います。追われることなく「時間」を楽しむことが、人としてのを誇りである...と。

アドリアン氏の情熱のすべては「時」という存在に傾けられており、その原点にある「時間」という概念は、彼にとってあまりにもミステリアスな存在だったと言います。

ある新聞記事のインタビューでは、新聞記者が彼にこう尋ねていました。

―――― このお店の中で ≪最も価値のあるもの≫ は何でしょうか?――――

アドリアン氏は、シンプルに【 尊厳 】とだけ短く新聞記者に答えました。

中世やルネッサンスの時代に実際に使われていたというアンティーク時計の数々や地球儀、セピア色の地図やキラキラしたガラスのアクセサリーなど、その手で彼が精巧に現代に甦らせたノスタルジー溢れるアイテムたちが店内には所狭しと並び、そこに気高く優雅な空間を創り出しています。

その言葉通り、アドリアン氏の工房には気高いほどに優雅な時間が感じられるのです。そこに流れる【 尊厳のある大切な時間 】こそが、彼にとって何よりも価値あるものなのです。

店内2

―ミステリアスでロマンチックな世界の中、いつまでも時を紡ぐ人。

建築家として仕事をしていたアドリアン氏は、かつて訪れたミラノの博物館で「時」にまつわるオブジェと出会い、湧き上がるように大きく心の奥が揺さぶられたと言います。

【 この素晴らしいオブジェたちを自分の手で創り出そう・・・!】

この瞬間から職人としての道を今も歩み続ける、建築家アドリアン・ロドリゲス氏。

店内のアイテムたちは全てハンドメイドで作られた正真正銘の「artigianato」たちで、そのほとんどが彼の手によるものです。しかし、中にはアドリアン氏の飛び切り謎めいた友人「アレッサンドロ」氏によって制作されたアイテムもあるそう。

この不思議な友人アレッサンドロ氏は自身のことを誰かに知られることを極端に嫌い、アドリアン職人以外は彼の素性を知らないという神秘のベールに包まれた人物。店内にある二つの鍵が付いたキャビネット棚は、そんな不思議な友人アレッサンドロ氏の情熱によってこの工房のために作られたものだそうです。

ひとつひとつに想いのかけらを注ぎ込みながら、アイデアと情熱を込めて創り上げられたアドリアン氏の素晴らしい物語が始まる場所、ツタの葉がミステリアスに壁を伝う、そんな緑色の木枠が美しいガラス扉を開いた時、どこか懐かしい悠久の時の流れに誰もが身を委ねます。それは、まるでおとぎ話の世界へ誘う不思議な入口へと足を踏み入れてしまったかのように。

自らを【 時の職人 】と呼ぶ、建築家アドリアン・ロドリゲス氏は、今日もそんなミステリアスでロマンチックな小さなトラステヴェレの職人工房で、優雅に穏やかに「時間のかけら」たちを紡いでゆきます。

アドリアンの作業風景

店内3

工房「Polvere di Tempo」の商品ページはこちら

アンティーク時計工房「 Polvere di Tempo 」

ショップインフォメーション

ご注文から商品がお手元に届くまでの流れ


お支払い方法

新生銀行

■ 新生銀行振込(前払い)■
お振込の際は必ずご購入者様名義でお願いいたします。振込手数料は、お客様のご負担とさせて頂いております。※ご購入者と振込名義人が異なる場合は、必ずご連絡下さい。

ジャパンネット銀行

■ ジャパンネット銀行振込(前払い)■
お振込の際は必ずご購入者様名義でお願いいたします。振込手数料は、お客様のご負担とさせて頂いております。※ご購入者と振込名義人が異なる場合は、必ずご連絡下さい。

ペイパル

■ ゆうちょ振替(前払い) ■
お振込の際は必ずご購入者様名義でお願いいたします。※ご購入者と振込名義人が異なる場合は、必ずご連絡下さい。

ペイパル

■ クレジットカード決済(PayPal)■
ご注文完了後に「PayPal決済画面」が表示されますので、お持ちのクレジッカードにてご決済下さい。※分割払いはご利用いただけません。

返品について

■ 返品期限 ■
当店で扱っている商品の性質上、お客様都合による返品は受け付けておりません。
明らかな不良品や発送ミスの場合は、商品到着後3日以内にメールにてご連絡下さい。

■ 返品送料 ■
不良品や発送ミスに関しましては、送料・手数料ともに当店が負担いたします。
但し、商品の在庫切れや工房の長期休暇などにより、商品の交換手配がスムーズに行えない場合がございます。予めご了承下さいませ。

配送方法・送料について

posteitaliane

■配送について■
サイズや重量に合わせて【国際書留郵便】【EMS】【イタリア郵便局SDA便】の中から発送方法をお選びし、イタリア郵便局より発送させて頂きます。約10〜15日程度が、お届けまでの目安期間となっています。※天候状況や通関状況により、日数に多少のズレが生じる場合がございます。

★★ ご注意下さい ★★
海外から直接発送するため、代金引換や配送日指定には対応することができません。梱包は重量を優先し、簡易包装とさせて頂いております。※輸入税(関税)が発生する場合がありますので、こちら(*関税について)から必ず詳細をご確認下さい。

■配送状況の確認■
お荷物の追跡に必要なトラッキングナンバー(伝票番号)とURLを「発送完了メール」へ記載いたしますので、そちらからオンラインにて配送状況を確認して頂けます。※通常は発送から数日でHPへ反映されますが、稀に正常に反映されないケースがございます。

■送料のご案内■

・国際書留郵便 / 最大2kgまで / 追跡可(補償なし)

・EMS / 追跡可 (有料にて補償付き)

・SDA / 追跡可( 〃 )

〖 送料無料 〗

➽➽ 小さなお荷物が2kgを超える場合
サイズの小さなお荷物の総重量が2kgを超える場合(複数商品の購入など)は、別梱包にてオーバーした分を発送させて頂くこともございます。その場合は、別途配送料金が追加になるケースもありますので、予めご了承下さいませ。サイズや重量によって、EMSやSDAなど一番割安となる方法にて発送させて頂きます。

➽➽ 配送オプション
ご希望がある場合のみ追加料金にて「保険付」発送を承っておりますので、お問い合わせ下さい。

■関税について■
別途、(こちら)をご覧下さいませ。

■領収書について■
別途、(こちら)をご覧下さいませ。


メール問合せ

お買い物ガイド

店長挨拶

owner_photo

makico

イタリアの昔ながらの小さな職人工房は今、様々な理由から受け継がれてきた素晴らしい伝統に人知れず幕を下ろそうとしています。

ショップ名「storia unica」は、イタリア語で「たったひとつの物語」という意味です。作り手である職人さんの物語と、それを受け取るたったひとりの誰かの物語が交差し、そこから新たな物語が生まれるようにとの願いを込めて名付けました。出会う方のために生まれた世界にたったひとつの商品を私たちがお届けします☆*.。

ブログ

レザークラフト体験

お客様の声ブログ

インスタグラム

Aggiungi amici LINE

営業のご案内

は定休日及び臨時休業日
土曜・日曜・イタリアの祝日はメールの返信もお休みさせて頂きます。

※時差のため、メールのご返信が日本時間の深夜になってしまう場合がございます。予めご了承下さいませ。

インターネットでのご注文は24時間受付けております。

メールアドレス

Mobile

工房景色1

工房景色2